頭脳ゲームにハマッてみよう?

いったんハマルとかなり面白いのが頭脳ゲーム。

楽しみながらゲームができるだけでなく、プレイを通して集中力を養ったり考える力をつけたりして
脳を活性化する事ができるので、老若男女を問わずにゲームはお勧めです。

ひとくちにゲームと言っても、ボードゲームなどもあればビデオゲームなどもあって、巷を見ればいろいろな種類がラインナップされていますよね。

この頭脳ゲーム、楽しさを感じていれば、自分がゲームの間どのぐらい集中しているのか意識する事は少ないかもしれません。

でも実際のところは、かなり神経を集中しているようで、長い時間熱中したりすると、その後に疲れがどっと押し寄せてきたり、興奮して夜眠れなくなったりする事もあるようです。そこまでやると逆に健康に悪いですので要注意です。

頭脳ゲームにはまりすぎて朝から晩までその事ばかり考えるほど熱中していると、脳の中にそのゲームに関する領域が作られる事もあるのだとか。

そうすると、夢の中にもゲームが登場したりしますし、無意識のうちに頭の中でゲームのことを考えていたりするような症状が起きるのだそうです。

上手に頭脳ゲームにハマって集中力を高めませんか?

能力UP!無料メルマガ

人気ブログランキングへ

長期記憶と海馬扁桃体の関係

私達の脳はもともと、物事を忘れてしまうように作られているようです。

例えば、メモを見ながら電話した電話番号をそのまま何日間も何週間も覚えているなんて人はそうそういらっしゃらないと思います。

もちろん、その番号が大切な電話番号なら話は別ですが、そうでない場合には私達の脳が「記憶する必要なし」と判断して忘れてしまうわけですね。

この数分間程度しか覚えていることができない記憶を『短期記憶』と呼びます。

『長期記憶』とは、20分以上ずっと忘れずに覚えていることができる記憶で、私達の脳裏にデータとして刻み込まれ、必要に応じて引き出されてきます。

この『長期記憶』に大きな関係があるのが海馬と扁桃体と言われています。

脳の中では記憶と言う大切な役割を担っている海馬。そして扁桃体は海馬と影響しないながら好き嫌いや快感・不快感など気持ちや感情をつかさどっている部分として機能しているんですね。


では、海馬と扁桃体が具体的にどのように影響しあっているのでしょうか?



能力UPの無料メルマガ

人気ブログランキングへ

速読と速聴のススメ

本を読むスピードが早ければいいのに…。
誰でも一度はそう思われたことがあると思います。

一文字一文字じっくりと文字を読み進めていく通常の読書と異なり、
写真を脳裏に焼き付けるような感じでスピーディに文字を呼んでいくのが速読。

そしてもうひとつ、音声を倍速のスピードで聞くことで、
脳細胞の一つ一つに刺激を与えながら内容を理解する事ができるのが速聴。
どちらも、脳の活性化にはすごく有効な方法です。

その速読ですが、
基本は「速読」と「読書」を切り離して考えること。
読書は内容を理解しながら頭の中でイメージを浮かべながら
じっくり楽しんで読む作業のことですが、

速読は、神経を集中させて書かれている文字を
脳裏に焼き付けるといった感覚になります。

上の感覚の違いは、「難しい参考書をじっくり理解しながら読む感覚」と、
「新聞や雑誌の記事をチェックする感覚」と言えばわかりやすいでしょうか。

この2つの読み方を、読む本や状況に応じて自在に切り替えていくことが、
もっとも簡単な速読方法です。

普通の本も、新聞や雑誌をチェックする感覚でざっと見ていく。
これだけでもかなりスピードを上げることができるはず。

速聴も同じで、リラックスしながら何かを聞くのではなく、
内容を聞き取る事だけに全神経を集中することで、
高速スピードでも内容を聞き取ることができるだけでなく、脳の活性化にもつながります。

どちらも基本は「集中」。
集中するので速読や速聴の後にはどっと疲れてしまいます。


集中力を高めて脳を活性化したい方にもぜひおススメですね。

人気ブログランキングへ

丹田呼吸法を身につける

丹田呼吸法ってご存知でしょうかか?

私達が無意識のうちに行っている呼吸で、
脳を活性化する事ができる呼吸法としても知られている丹田呼吸法は、
「腹式呼吸」をもっと深く追求した呼吸法のことです。

丹田呼吸法を身につけるためには
まず、息を吸った時にお腹が膨らみ、
息を吐いた時にお腹が凹むことを意識して何回か練習してみてください。

簡単そうですが、意識してきちんと学ばないと難しい呼吸法なので、
もともと自然な状態でこの呼吸法をしている人はとても少ないはずです。

丹田呼吸法をマスターするためにはまず、
最初に肺にある息を吐き出すところからはじめます。

息を吸う時には口ではなく鼻を使って
ゆっくりと空気を吸い込みながら、
少しずつお腹を膨らませてください。

そして息をはく時には、口を尖らせて少しずつ
息を吐き出しながらお腹を少しずつへこませ、
下腹の腹筋が硬くなるぐらい
息をはき出しきるのをイメージすると良いみたいです。


丹田呼吸法をマスターすることで脳を活性化するとともに
体のエネルギーも充電しませんか?



能力開発メルマガ無料!

人気ブログランキングへ

右脳と左脳のトレーニング

私達の脳は本当に神秘的な存在です。
一般的な人は脳の5%程度しか活用していないといわれていますが、まだまだ開拓できる可能性が無限大に広がっているってことですよね。

右利きの方は顕在意識をつかさどる左脳をよく使う傾向にあり、
左利きの方は潜在意識をつかさどる右脳を使う傾向にあるといわれていますが、トレーニングをする事で右脳も左脳も自由自在に活性化できることはご存知でしょうか?

右脳を鍛える事で、直感や創造的なスキルをアップすることができ、左脳を鍛える事で論理付けて物事を考える能力を身につけることができるといわれています。

右脳を鍛えるためには、左手を意識してよく使うようにしたり、または音楽を聴いたり空間構成などに関わることで右脳を鍛える事ができるといわれています。

一方、左脳を鍛えるためには、右手をよく使って作業をするように心がけたり、計算や数学などをたくさんこなすようにしてみたり、また、理論づけて考えたり時間的な流れを大切にしながら
物事を考えるようにするのが良いみたいです。

能力UPの無料メルマガ  

 

人気ブログランキングへ

論理的思考を鍛える

脳を活性化するためには、
とにかく脳をフル活用して使っていくことが大切ですよね。

「疲れているから面倒だな」なんて考えたくない時でも、
そんなの振り切って物事を考えるようにする習慣をつけると良いみたいです。

そして脳を活性化するために「考える」作業をする時には、
論理的な思考で考えることが特に大切です。

その場合、頭の中に浮かんでくるバラバラのことを順番に整理しながら、
論理づけて順序だてながら考えるようにするのがポイント。

脳を怠けさせて退化が進むと、物忘れもおきやすくなってしまいます。

「何か忘れている気がするな・・」とモヤモヤしている時には、
「まぁいいか」と気を取り直すのではなく、

何を忘れているのかをじっくりと思い出すように
努力する習慣をつけるのも大切です。

脳の中にあるいろいろな引き出しを順番に空けたりしながら、
一つ一つきちんと解決していく事が
脳を活性化することにつながるわけでしね。


考える習慣をつけて脳を活性化しましょう!



脳を鍛えるメルマガ


 

人気ブログランキングへ

頭がよくなるサプリメント

「飲むだけで頭が良くなる」なんて嬉しすぎるサプリメントがあったらぜひ試してみたいものです。

いろいろなトレーニングによって脳を活性化するとともに、
体の内側からも効果的に頭を良くできるサプリメントを摂取する事で、脳力がさらにアップなんて……ね。

頭が良くなるって言われているサプリメントには


・脳を活性化するタイプ
・アンチエイジングの効果があるタイプ

のものがあるようです。

具体的にどんなサプリメントがおススメなのかと言えば、
ビタミンBやD、カルシウム、亜鉛、マンガン、
ナイアシン、コリン、イノシトールなどが
代表的な成分として知られています。

これらのサプリメントは毎日定期的に摂取するのが良いみたいで、
とくに、脳が疲れている時に摂取すると、効果をマックスで享受できるので
効率的に脳を活性化する事ができるそうです。

疲れきった脳を再びやる気にさせてくれるサプリメントで、
脳をリラックスしながら活性化してみるというのはいかがでしょうか。

勉強や仕事の効率もアップする事は間違いなさそうです。

川村明宏のジニアス記憶術

人気ブログランキングへ

速読無料レポートのレポート

試験に役立つ左脳型速読術 のメルマガで無料プレゼントされる特別レポートについての感想です。


私も速読については興味があって、色々と本やPCソフトを買って取り組んだことがあるんですけど、どれもさっぱり身につきませんでした。(ToT;


レポートの著者さんは、高額なマンツーマンレッスンを受けてきて、そこから得た経験をレポートにまとめたということでした。


とはいえ、「おまけ」でついてくるものなので中身については全然期待してなかったのですが、その予想を良い意味で裏切ってくれました。


内容は大きく3つの章にわかれていて、そのどれか1つでもいいから取り組んで行けば結果が出るということです。


速読だけでなく、それを応用した問題解法、目標達成法が簡潔にまとめられています。


これって「今まで読んできた市販の速読本より、よっぽど良い!」というのが感想です。


「おまけ」だからか、市販本にありがちなページ数を稼ぐための「余計な話」がなく、 「これやったら、こういう効果ありますから、ステップ1〜xしてください」と超シンプルに書かれているのが良いです!


ひとつひとつは簡単な手順なので、取り掛かりやすくてさらに良し。


と褒めてばかりですが、たまたま今の私の状態にぴったりだっただけかもしれませんので、 あまり過度な期待はしないでくださいね。あくまで「おまけ」ですし……。


では最後に、このオマケがもらえるメルマガ紹介です。


「スキマ時間でできる、新世代の速読法」の無料レポートもらえます。

試験に役立つ左脳型速読術



人気ブログランキングへ

眼球運動のトレーニング

使えば使うだけ活性化される私達の脳。

使えば活性化されて脳のシワも数もUPするけれど、使わなければシワがどんどん減ってしまうのも脳なのです。

いくつになっても「頭の回転が早い人」と言われるためには、ぜひ脳にいろいろな訓練を施して能力UPをしたいものです。

能力UP訓練の中でも誰でも簡単にできて、いつでもどこでもできる訓練が眼球運動。

眼球運動にもフーピング、コラムサッケード、タングラム、ペグボードなどいろいろな種類がありますが、たくさん並んでいる文字の中から

特定の物を見つけて丸をつけていくミシガントラッキングと呼ばれる訓練は楽しみながらできるのでぜひおススメです。

手先を動かすパズルや積み木なども、手先と眼球のコンビネーションで脳を活性化できるそうです。

大流行中の数独なんかも良さそうですし、子供と一緒に「あっち向いてほい」なんかも脳が活性化されるそうですよ。

 

JUGEMテーマ:学問・学校
人気ブログランキングへ

日本経済のカラクリ

 JUGEMテーマ:読書

経済ニュースが10倍よくわかる日本経済のカラクリ
円高がわかれば日本経済がわかる

三橋貴明著


円高ごときで日本経済は破綻しません!
「日本経済は輸出依存である」
「トヨタの危機は日本の危機」
「日本の競争力は落ちた」
「資本引揚げで円は暴落する」
こんな”暴論”に騙されるん!

という帯の文句が、まず目に飛び込んできます。

TPP議論で反対派の急先鋒の一人として論陣を張っているのを見たのが、三橋氏を始めて知ったきっかけでした。民主党の人がよくやる言葉のめくらましによる詭弁術を向こうにして、冷静にそして熱く客観的に議論を展開される三橋氏に惚れ、著作を読みはじめています。

長期のデフレによる景気低迷から抜け出すために、公共事業や公務員を今は増やすべきだという主張は、同氏をはじめTPP反対急先鋒の中野剛志氏や参議院議員の西田昌司氏も唱えられていたが、直感的には理解できませんでした。橋下市長の改革をマスコミ情報だけで見ると、公務員=悪という勧善懲悪ものくらいにしかわかってなかったのが原因だと思います。

経済?なにそれおいしいの?レベルの私にも理解できるように書かれており、円高やデフレとは何か?それがどんな問題を現実にもたらしているのかを説明してくれています。


赤線ぴっくあっぷ
・国の借金と家計の借金を一緒に考えてはいけない。
・デフレにおける顕著な現象は、本来的に日本経済が持つ供給能力に対し、需要が少ないことだ。
・単純化したデフレ対策は、極端に言えば働かない公務員を増やすことに尽きる。//失業率を下げ、給料を渡し、需要を増やしてもらうわけだ。
・ 民主党という政党自体が、経済成長を前提にしていないと思えてならない。民主党は基本的に、国民にお金をバラまくことしか言わない。名目はなんであれ、配る一辺倒なのだ。
・政府の公共投資に利益を求めてはいけない。

人気ブログランキングへ
| 1/31PAGES | >>