日本経済のカラクリ

 JUGEMテーマ:読書

経済ニュースが10倍よくわかる日本経済のカラクリ
円高がわかれば日本経済がわかる

三橋貴明著


円高ごときで日本経済は破綻しません!
「日本経済は輸出依存である」
「トヨタの危機は日本の危機」
「日本の競争力は落ちた」
「資本引揚げで円は暴落する」
こんな”暴論”に騙されるん!

という帯の文句が、まず目に飛び込んできます。

TPP議論で反対派の急先鋒の一人として論陣を張っているのを見たのが、三橋氏を始めて知ったきっかけでした。民主党の人がよくやる言葉のめくらましによる詭弁術を向こうにして、冷静にそして熱く客観的に議論を展開される三橋氏に惚れ、著作を読みはじめています。

長期のデフレによる景気低迷から抜け出すために、公共事業や公務員を今は増やすべきだという主張は、同氏をはじめTPP反対急先鋒の中野剛志氏や参議院議員の西田昌司氏も唱えられていたが、直感的には理解できませんでした。橋下市長の改革をマスコミ情報だけで見ると、公務員=悪という勧善懲悪ものくらいにしかわかってなかったのが原因だと思います。

経済?なにそれおいしいの?レベルの私にも理解できるように書かれており、円高やデフレとは何か?それがどんな問題を現実にもたらしているのかを説明してくれています。


赤線ぴっくあっぷ
・国の借金と家計の借金を一緒に考えてはいけない。
・デフレにおける顕著な現象は、本来的に日本経済が持つ供給能力に対し、需要が少ないことだ。
・単純化したデフレ対策は、極端に言えば働かない公務員を増やすことに尽きる。//失業率を下げ、給料を渡し、需要を増やしてもらうわけだ。
・ 民主党という政党自体が、経済成長を前提にしていないと思えてならない。民主党は基本的に、国民にお金をバラまくことしか言わない。名目はなんであれ、配る一辺倒なのだ。
・政府の公共投資に利益を求めてはいけない。

人気ブログランキングへ

日本人のその幻想をぶっ壊す!

 かつて中国の小平は「日本などという国は20年後には消えてなくなる」と発言したというのを聞いたことがあります。

 まぁ中華幻想に凝り固まった傲岸不遜の中国人なら、そんな暴言も吐くだろう程度にしか思ってなかったのですが、政治や経済の状況を考えるとちょっと実現しそうかもなんて思ってました。そしてこの本を読んで、小平の暴言が予言になってしまった現状に気が付き愕然とさせられました。

 これまで日本の莫大な財政赤字を支えてきた、巨大な国内貯蓄が本格的に減り始めるのが2012年。もうそんな時限爆弾のタイムリミットが目前に迫ってきているのに、国防・年金・医療福祉・教育、その他様々な問題が棚上げされたままか、あるいはより改悪されつつある状況。そんな厳しい現実を再認識させられました。

 「日本はまだまだ大丈夫」そんな幻想をぶっ壊してくれました。といっても、裏帯にも書かれているように「日本を蔑む」ための内容ではなく、決して楽観視して良い状況ではないけれど、私たち一人ひとりが本気で未来を変えようと思えば変えられるんだ!っていう著者の思いが伝わってくる、とっても良い一冊でした。
人気ブログランキングへ

TwitterBotの作成に挑戦

Twitter……。一応、登録してアカウントは持ってるし、ニュースや政治家の発言をたまに見てたりするのですが、未だに何が良いのかさっぱりわからないです。

もしかしたら何か見落としがあって、それ故にTwitterの良さがわかってないのかも知れないと思っていると、TwitterBotなるものがあることを知りました。

TwitterBotというのは、自身がつぶやいたり、誰かのつぶやきに対して自動的に応答したりするプログラムのことなんですが、これは非常に面白そうだぁと思ってしまった次第です。

それでこの本でお勉強したのですが、プログラム?何それ美味しいの?って人でも簡単なTwitterBotが作れるようになる流れなので、私にはぴったりでした。

そもそもTwitterって何?というところから、プログラムを作るための環境作り、プログラミングまで語られているので、非常にありがたかったです。文体も肩の凝らない感じですいすい読み進めることができました。

そして読後の今、なにか自分だけのTwitterBotを作りたくてうずうずしているいます。
なんか速読のトレーニングに使えるようなTwitterBotを作ろうと現在模索中です。




人気ブログランキングへ

世界最速「超」記憶法

世界最速「超」記憶法 (講談社+α新書)
世界最速「超」記憶法 (講談社+α新書)
津川 博義

十字の円を使った個性的な記憶法など、いろいろなものの覚え方が
紹介されています。さまざまなテクニックやエピソードが書かれていましたが、ポイントは「覚えているうちに何度も繰り返す」こと。こう言うと当たり前のことなんですが、灯台下暗しというか、あんまり簡単な方法なんで忘れていたというか・・・。これを読んで、早速資格試験で応用してみましたが、見事取れました。

人気ブログランキングへ

英語は逆から学べ!

英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)
英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)
苫米地英人

 インターネットで外国のニュース番組や動画の情報を見ることが
多くなってきた。その度に英語ができたらなぁとぼんやりと思う。
この苫米地さんの英語習得方法は理論はユニークだけれど、実践方法は比較的お手軽な感じです。英語脳を作ることを目的として、英語を学習するときには日本語を徹底的に排除して、頭を英語漬けにするというものだ。海外のドラマなんかを通しで観ることなんかを進めている。今はネットで海外の動画も見れるし、自宅に帰ったら英語漬けという環境は意外に簡単に作れるものかもしれない。
自己実現力?や記憶力・IQを高める音源CDも付いている、お勧めの一冊。
人気ブログランキングへ

SEのフシギな生態―失敗談から学ぶ成功のための30ヶ条

SEのフシギな生態―失敗談から学ぶ成功のための30ヶ条 (幻冬舎文庫)
SEのフシギな生態―失敗談から学ぶ成功のための30ヶ条 (幻冬舎文庫)
きたみ りゅうじ

 システム開発者にもっとも大事なのはヒューマンスキル、技術だけだったら日曜プログラマの方がよっぽど高い・・・と思っていました。その結論に至るまでに経験してきた山場の数々が、まったくそのままこの本に紹介されていました。やっぱり皆同じような経験をしるんですね。エピソード毎にある4コマ漫画も面白い。システム開発に携わっている方はもちろん、システム部門と関わらなきゃいけない方々にもお勧めです。
人気ブログランキングへ

赤めだか

赤めだか
赤めだか
立川 談春

 著者が落語家を目指して立川談志のところに入門し、真打ちに
なるまでを綴っています。落語の世界ってさっぱりわかりません
でしたが、とっても面白い!師匠の無茶振りに、さらなる無茶で乗り越える著者が最高です。笑いあり、涙あり、人情ありの、お勧め本でした。


人気ブログランキングへ

トールキン指輪物語事典



トールキン指輪物語事典

デビッド デイ,David Day,仁保 真佐子

指輪物語の世界の歴史、伝記、地理、動物など幅広い項目に分かれて、中つ国と不死の国の世界を紹介しているモノクロの百科辞典。これを一読してから、指輪物語を読み返すと、またいっそう深く中つ国の冒険を堪能することができます。

人気ブログランキングへ

発酵は錬金術である

発酵は錬金術である (新潮選書)
発酵は錬金術である (新潮選書)
小泉 武夫

マンガの「もやしもん」を読んで「発酵」について最近興味を
持ち始めました。小難しいかなぁと思ったものの、読み始める
と面白かったです。発酵という現象の面白さや、それを世に
広めようとする著者の奮闘振りが楽しめました。

それにしても「発酵」は、人類の未来にすばらしい可能性を
もたらしてくれるもんなんですね。


人気ブログランキングへ

レバレッジ人脈術

レバレッジ人脈術
レバレッジ人脈術
本田 直之

人と人とがお互いに何か良い価値を生み出すことができるような
関係を作りあげるにはどうすればよいのか。
今、自分が置かれている環境の中で、どのようにして人脈を
作っていけばよいのか考えながら本書を読みました。
人との関係をGIVE&TAKEでもGIVE&GIVEでもなく、
相手に対して貢献(コントリビューション)できるか考えながら
築き上げていくこと、
また人脈を広げていく上で、パーソナルブランディングを確立すること、
アプローチの際には相手のことを調べつくすことなど、
様々な人脈づくりのノウハウが紹介されています。
人気ブログランキングへ
| 1/5PAGES | >>