無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
勝間 和代

実際に仕事に役立つ資格を、限られた時間の中でいかに早く取得することができるのか?また難しい資格試験ほど、準備の時間がかかり、その間にモチベーションを維持し続けることが非常に難しい問題となってきますが、これらの問題解決のためのヒントが得たいということで本書を手に取りました。
 
フォトリーディングやマインドマップといった効率良く学習するためのテクニックやツールが沢山紹介されている他、「飽き対策」の仕組みを作るということモチベーションの維持方法もとってもタメになりました。

また進歩の様子を計量化し、将来へのビジョンと結びつけること、また「半年間は基礎力をつけることに集中する」というところが、勝間さんが実践を通して体得したポイントなんだなと感じました。


↑この本について勝間さんがお話されています。
人気ブログランキングへ

人間関係が楽になる4つのタイプ分類

熱いビジネスチームをつくる4つのタイプ―コーチングから生まれた
熱いビジネスチームをつくる4つのタイプ―コーチングから生まれた
鈴木 義幸

人をタイプ別にわけて理解するという方法は沢山ありますが、
本書では、プロモーター、コントローラー、サポーター、
アナライザーと人間を4つのタイプに分類しています。

自己主張が強い方か弱い方か、感情表出が高い方か低い方か
という点で4つのタイプに分けています。

大まかでな分類ではありますが、自分のことを調べてみると、
確かにその通り!と納得させられることが書かれていました。

私はプロモータータイプでした。褒められて育つタイプです。

それぞれのタイプの特徴とどう接していけば良いのか、
興味深く読ませてもらいました。

人間関係がちょっとは楽になってきそうな一冊です。
人気ブログランキングへ

時間投資法

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
勝間 和代

 本のタイトルを見て、実際に年収を10倍にすることができるものなのかと考えてみました。収入を1.1倍にすることさえ相当な努力と工夫が必要だと思われるのですが、それが10倍ともなれば1日が240時間くらいないと実現しそうにないように思えます。しかし、逆に考えてみて、今まで100分かけてやっていたことを10分でできるようにしたらどうだろうか。

 色々な無駄をなくして効率よく仕事ができるようになれば、10倍とまではいかなくても、数倍というのは実現可能なのではないか。実際に、年収が10倍にならなくても、仕事の能率が数倍になり、自己投資に費やせる時間が数倍になれば、周りにとっても自分自身にとっても、どれだけ素晴らしいことだろうかと考えてしまいました。

 勝間さんの「黄金の時間の5原則」は、時間を得るための投資は惜しまないという、言われてみれば「なるほど」と思うのものの、
ぜんぜん手をつけてこなかったことでした。時間を作るために、道具や知識、サービスに対して「今の時間と将来の時間のトレード
オフ」で考えて、必要なものには投資をする勝間式を生活の中に取り入れていきたいものです。
人気ブログランキングへ

10年先を思い描いて歩き始めた人がお金持ちになれる

ツイてる!
ツイてる!
斎藤 一人

 フォトリーディングで1日数冊の一環として、片っ端から本を読み漁って行こうかと思います。今日は、スリムドカンで有名な斎藤一人さんの本を選択しました。プレビューと高速リーディングの速読を2回繰り返し。斎藤一人さんの気さくな語り口で、お金や幸せをつかむためのヒントが、宝石のようにちりばめられている感じです。
人気ブログランキングへ

時間を大切に・・・

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)
本田 直之

忙しい日々を送っているように感じてはいるものの、それが実際の仕事の成果と全然結びつかなくて空回りしてばかり。そんな状況から抜け出すヒントが欲しくて読んでみました。「効率よく仕事をしろと人に頼んだら、すごいスピードで仕上げて来たが、中身はボロボロ。スピードを上げることと時間効率をあげることを勘違いしている人が多い」とか「プレゼン資料の作成等で、本来の必要以上にデザインに凝って残業。それで仕事をした気になっている」とか、「あぁ、それは僕のことです・・」と思わず泣けてくる場面がいくつかありました。そんな状態からいかに抜け出すことができるのか、時間管理の極め技をこれでもかというくらいに紹介してくれています。
人気ブログランキングへ

魔法の杖のように使ってみる

1分間でやる気が出る146のヒント
1分間でやる気が出る146のヒント
ドン・エシッグ

暗い気持ちや不安から抜け出せないときに146のヒントが、それぞれ1分以内で読めるようにまとめられています。フォトリーディングを繰り返して観ていても、なんか潜在意識に気持ちが前向きになる情報が入っていく感じがして心地いい感じでした。さっと読める本ですが、魔法の杖みたいに、ぱっと適当なページを開いてみて、その日の自分のテーマにしてみるのもいいかなと思います。

目次を眺めるだけでも、今の自分をよりよい方向へ持っていくためのチェックリスト的な使い方ができる、手元においておきたい一冊でした。
人気ブログランキングへ

自分を変える本当の方法

「心のDNA」の育て方~夢と目標を実現する7つの心理セラピー~(CD付)
「心のDNA」の育て方~夢と目標を実現する7つの心理セラピー~(CD付)
石井裕之

 ひさびさに「読んでよかった〜」と思った本でした。目標を設定して実現する方法については、自己啓発系の本で沢山読んで、沢山挫折してきましたが、この本でその原因と対策を掴むことができたように思います。ダイエットや英会話、その他なんでも、やりたいことがあっても挫折を繰り返しす方は必読です。
人気ブログランキングへ

自分を変えたいって思っても出来ない理由

「心のブレーキ」の外し方〜仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー〜
「心のブレーキ」の外し方〜仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー〜
石井 裕之

コールドリーディングで有名な石井裕之氏の著作です。
何故人は、自分がなりたいと思っている自分になれないのか?それは、今現在の自分のあり様を守ろうと潜在意識が働くためだといいます。意識上では、ああなりたい、こうなりたいと思っていても、潜在意識はそんなリスキーな道を進むよりも、現状の安定した状態を保とうとするのです。それを石井氏は「現状維持メカニズム」と表現しています。

こわば心のブレーキとも言えるこの「現状維持メカニズム」を外すためには、どうすればいいのか。それがとってもわかりやすく説明されています。

この本は単に読んで知識を得るためのものではなく、7章ある各章のワークを実践していく過程で、石井のセラピーを受けることができる一冊です。
人気ブログランキングへ

ガルシアへ手紙を届けられる人になるために

ガルシアへの手紙
ガルシアへの手紙
エルバート ハバード, Elbert Hubbard, ハイブロー武蔵

本のタイトルになっている物語それ自体は、非常にシンプルなものです。
「アメリカとスペインが戦争をしていたとき、キューバに潜んでいた反スペイン軍のガルシア将軍に、アメリカ大統領は緊急に連絡を取る必要があった。ガルシア将軍がどこにいるのかは全くわからないが、手紙を至急届ける必要があった。この任務を受けたのがローワンで、彼は任務を見事成功させた。」

これだけです。ここで大事なことは、大統領から任務を受けたときに、「ガルシアはどこにいるんですか?」とローワンが聞かなかったことです。

僕だったら聞いちゃうだろうなぁ・・・、
そして大統領に
「どこにいるかわからないから、君に頼んでいるんじゃないかっ!自分で調べて探して、絶対に届けて来いっ!」
って怒られてしまうと思いますね。

この本が伝えようとしていることは非常にシンプルで、しかも全ての人にとって大切なことです。

・自分でやる。
・他人の力を当てにしない。
・他人のせいにしない。言い訳なんかもちろん考えない。

他人の力を借りないわけではないんですよね。借りれるものはどんどん借りたらいいんでしょうけど、「当てにはしない」。

僕もそうですが、「自分が辛かったり不幸にあるのは、周りのせいだと考える」オレ様的人間は、この本を読んで顔洗って人生出直した方がいいですね。その後の人生きっとかなり良くなりますから。
人気ブログランキングへ

春よ来い!早く来い!

なぜ春はこない?
神田 昌典, 來 夢

 「なぜ春はこない?」とタイトルが書店で目に入ったとき、「そうそう、なんで僕には春がこないんだ!?」とつぶやきながら、中身を良く見ないまま本をレジへ。まぁ、神田昌典氏の本なのでそうそう間違いはないだろうと思ってました。
どんな物事にも周期が存在していて、それを神田先生は成長カーブというモデルを使って、さまざまな例を挙げてくれています。
続きを読む >>
人気ブログランキングへ
| 1/2PAGES | >>