三色ボールペンの活用

 単に楽しむための読書ではなく、
情報収集や書かれていることを理解したいということに対して重きを置く場合は、
色のついたボールペンを使って
線引きしたりメモを入れたりすることがかなり有効な方法です。

齋藤孝さんの「三色ボールペン」の
活用方法などに見られるように、線引きのルールを体系化しておくと、
後になって見直したときにも、素早く内容を思い出すことができ、
理解を早めることになると思います。

齋藤孝さんの方法は、

青線 とりあえず、重要と思われる箇所
赤線 最重要と思われる箇所
緑線 本筋とは関係ないが、気になった箇所

といったシンプルルールで線引きをしています。
あんまりルールを複雑にすると混乱したりルールそのものをわすれちゃったりすることが
あるので、このシンプルなルールが良いのではないかと思います。

ただ線引きしちゃうと、売ったりできないし、
他人にもあんまりみられたくない本になってしまいますので、
その当たりのトレードオフはしっかり見極める必要はありそうですね。^^;

人気ブログランキングへ
| 1/1PAGES |