S式コミュニケーション3 君からぼくが消えるとき

S式コミュニケーション(3) 君からぼくが消えるとき (ファミ通文庫)
S式コミュニケーション(3) 君からぼくが消えるとき (ファミ通文庫)
新木 伸,松崎 豊

ヌロロララリア族の液状生命体(少女に擬態中)のサラとヘタレ主人公ソーイチ(ソウイチと呼んでいいのはサラだけだ)に加え、なんかもう本来の姿はよくわからん大剣男のガントス、アニメオタク宇宙人モーラ、植物星人の華さんと、考えも行動もよくわからない生命たちの織り成すすぺ〜すふぁんたじぃ(サイエンスフィクションッチクでもあるよ)、いよいよ完結編!

あとがきにもありましたが、表紙を見比べていただくと、だんだんソーイチ(ソウイチと呼んでいいのはサラだけだ)の扱いがグレードアップしているのがわかります。最初は首輪だったのに、今回はなんとお姫様だっこですよ。

根源種によって記憶を消されたサラが、ソーイチ(略)を殺しにやってくきます。ソーイチは彼女との思い出を手がかりに、なんとかサラとコミュニケーションをとろうとしますが・・・。

今までのキャラが総登場してドタバタ楽しい内容になっておりました。とくに、視覚を持たず"量子相関嗅覚"とやらで、アニメに釘漬けになっているモーラがとってもかわいかった〜。

人気ブログランキングへ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック