七姫物語

七姫物語 (電撃文庫)
七姫物語 (電撃文庫)
高野 和

「ある大陸の片隅。7つの主要都市が先王の隠し子とされる姫を擁立し、国家統一を目指して割拠した。その中で、七宮カセンの姫に選ばれたのは九歳の孤児カラスミだった・・・」

孤児の少女を空澄姫として担ぎ出した、武人のテン・フオウ将軍と軍師トエル・タウ。素性も知れない二人と運命を共にする少女が12歳になったとき、隣の都市ツヅミがカセンへの侵攻をはじめ、め、そこから物語が動き始めます。

空澄姫という本来の自分とはかけ離れた役割を演じたり、あるいは下働きの娘役と、何かと忙しい状況をノホホンとした感じでこなしていくカラスミがカワイイです。そんな彼女を自分達の天下取りに利用し、また見守る二人の男も魅力的なキャラでした。

なんとなく自分の居場所に不安を感じさせるカラスミを、近過ぎず離れ過ぎず、でもしっかりと守っている男たちの距離感が、なんかいい感じです。
人気ブログランキングへ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック