日本経済のカラクリ

 JUGEMテーマ:読書

経済ニュースが10倍よくわかる日本経済のカラクリ
円高がわかれば日本経済がわかる

三橋貴明著


円高ごときで日本経済は破綻しません!
「日本経済は輸出依存である」
「トヨタの危機は日本の危機」
「日本の競争力は落ちた」
「資本引揚げで円は暴落する」
こんな”暴論”に騙されるん!

という帯の文句が、まず目に飛び込んできます。

TPP議論で反対派の急先鋒の一人として論陣を張っているのを見たのが、三橋氏を始めて知ったきっかけでした。民主党の人がよくやる言葉のめくらましによる詭弁術を向こうにして、冷静にそして熱く客観的に議論を展開される三橋氏に惚れ、著作を読みはじめています。

長期のデフレによる景気低迷から抜け出すために、公共事業や公務員を今は増やすべきだという主張は、同氏をはじめTPP反対急先鋒の中野剛志氏や参議院議員の西田昌司氏も唱えられていたが、直感的には理解できませんでした。橋下市長の改革をマスコミ情報だけで見ると、公務員=悪という勧善懲悪ものくらいにしかわかってなかったのが原因だと思います。

経済?なにそれおいしいの?レベルの私にも理解できるように書かれており、円高やデフレとは何か?それがどんな問題を現実にもたらしているのかを説明してくれています。


赤線ぴっくあっぷ
・国の借金と家計の借金を一緒に考えてはいけない。
・デフレにおける顕著な現象は、本来的に日本経済が持つ供給能力に対し、需要が少ないことだ。
・単純化したデフレ対策は、極端に言えば働かない公務員を増やすことに尽きる。//失業率を下げ、給料を渡し、需要を増やしてもらうわけだ。
・ 民主党という政党自体が、経済成長を前提にしていないと思えてならない。民主党は基本的に、国民にお金をバラまくことしか言わない。名目はなんであれ、配る一辺倒なのだ。
・政府の公共投資に利益を求めてはいけない。

人気ブログランキングへ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック