長期記憶と海馬扁桃体の関係

私達の脳はもともと、物事を忘れてしまうように作られているようです。

例えば、メモを見ながら電話した電話番号をそのまま何日間も何週間も覚えているなんて人はそうそういらっしゃらないと思います。

もちろん、その番号が大切な電話番号なら話は別ですが、そうでない場合には私達の脳が「記憶する必要なし」と判断して忘れてしまうわけですね。

この数分間程度しか覚えていることができない記憶を『短期記憶』と呼びます。

『長期記憶』とは、20分以上ずっと忘れずに覚えていることができる記憶で、私達の脳裏にデータとして刻み込まれ、必要に応じて引き出されてきます。

この『長期記憶』に大きな関係があるのが海馬と扁桃体と言われています。

脳の中では記憶と言う大切な役割を担っている海馬。そして扁桃体は海馬と影響しないながら好き嫌いや快感・不快感など気持ちや感情をつかさどっている部分として機能しているんですね。


では、海馬と扁桃体が具体的にどのように影響しあっているのでしょうか?



能力UPの無料メルマガ

人気ブログランキングへ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック