人に優しくなれる自分の探し方

心のなかの幸福のバケツ
心のなかの幸福のバケツ
ドナルド・O・クリフトン, トム・ラス, 高遠 裕子

「忙しい」この言葉で自分に言い訳しながら、沢山のことをおざなりにしてしまっている自分とふと向き合ってみることにしました。「忙しいから時間がない」、「忙しいからかまってられない」、「忙しいからできない」とか、「忙しい」という言葉の下に捨て去っているものって、
結構、本当は大切なものなんではないのかなと、そう考えたんですね。

この本で紹介されていることは、まさにそんな自分の状況にぴったりのものでした。

「バケツとひしゃくの理論」

人は誰でも心にバケツを持っていて、他人との関わり合う中で、その中の水が増えたり減ったりします。バケツが一杯のときは気持ちがよくって、逆に空になったときというのは、最悪の気分になってしまいます。

また一方で、ひしゃくも持っている。ひしゃくを使って相手に水そそげば(相手が明るくなるようなことを言ったり)、相手はもちろんのこと、自分のバケツにも水がたまります。相手を傷つけるようなことをいったりして、相手のバケツから水をくみ出せば、自分のバケツの水も減ってしまうのです。

心のバケツが水で一杯に満たされているときには、人は前向きで意欲にあふれている。バケツに水が一滴注がれるたびに、人は強く楽観的になります。

私たちは、日々のあらゆる場面でこの選択を迫られている。自分と関わり合いのある人々に水を注ぐのか、それともひしゃくで相手の水をくみとるのか?これは、人間関係や生産性・健康・幸福にかかわる重大な選択なのです。

「相手が望んでいることをしてあげれば、自分も幸せになれる」
そのことがわかりやすく説明されています。ポジティブシンキングが自分の心だけでなく、実際に身体にも素晴らしい影響を与える話や、まったく反対に、北朝鮮の捕虜になったアメリカ兵の話、あるいは著者自信が闘病をどう乗り越えたかなど、実際の事例があげられているので、とってもわかりやすです。

一通り読み終わった後、ふと考えてみれば、
「忙しさ」にかまけて、自分の周りからひしゃくで水を汲んでばかりいたことに気付きました。あぁ、早速だれかの心のバケツに水をいれなきゃ。
人気ブログランキングへ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック