赤めだか

赤めだか
赤めだか
立川 談春

 著者が落語家を目指して立川談志のところに入門し、真打ちに
なるまでを綴っています。落語の世界ってさっぱりわかりません
でしたが、とっても面白い!師匠の無茶振りに、さらなる無茶で乗り越える著者が最高です。笑いあり、涙あり、人情ありの、お勧め本でした。


人気ブログランキングへ
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック